なぜネットラップ?

なぜ、これからはネットラップなのでしょうか?

近年、ラウンドベーラー機を用いるベール作りでは、ネットラップが主流になりつつあります。
というのも、ネットラップは従来のトワイン(縒り綱)を利用する方法と比較して、経費が低くすむなど多くの長所があるからです。

農業用梱包材としてネットラップを利用すべき、大きく以下の点をあげることができます。

  1. ベーラー機の消耗が少ない

    ネットラッピングを行う際、トワインを利用する方法と比較して、ベールの回転数が少なくてすみ、ベーラー機の消耗を大幅に減少させます。

  2. 作業スピードの速さ

    ベールのラッピング時間の短縮により、トワインを利用する方法と比較して、時間あたりのベールの製作個数が平均で15ないし20個増加し、生産効率が向上します。

  3. ベールのカバー率の改善

    ネットでラップされたベールは、形がより統一され、運搬や取り扱いが容易です。これは、特にサイレージベールを自動ベール梱包機で作る場合に重要です。サイレージ用にラッピングする場合は、ベールの端から端までしっかり覆い、中の空気をなくして高品質の飼料を確保しなければなりませんから。

  4. 劣化しにくい

    ネットラップされたベールは、劣化しにくく、保管が容易ですので、収穫物を無駄にするという損失が減ります。

  5. 開梱が容易

    ネットラップだとベールを開けるがとても簡単になります。凍えつくような寒さの中でトワインを取り外す煩雑さからも解放され、残りくずで、家畜や機械にダメージを与えてしまう心配も減ります。

 ページトップ

ホーム | お問合せ | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright © 2012 NetWrap Market All Rights Reserved.