取り扱いと保管

取り扱いと保管

  1. 1

    イメージ画像

    フィルムの端が完成したベールから垂れ下がらないようにして下さい。ラッピングマシンによってはベールを地面におろした時にフィルムが1メートルのひも状に残るようにフィルムを裁断します。

  2. 2

    イメージ画像

    ベールの保管場所近くでラッピングを行うことが極めて重要です。不要な取り扱いによってベール内に空気が入ることを防ぐためです。ラッピング終了時、ベールを降ろす際に損傷を与えないようにして下さい。

  3. 3

    イメージ画像

    ベールは慎重に取り扱い、できるだけ早く保管場所に運び、運ぶ途中でへこみや摩擦、孔が生じないようにして下さい。そうすることによってベールに空気や水が浸入するリスクを大幅に削減できます。ラップ済みのベールに空気や水が浸入するリスクを大幅に削減できます。ラップ済みのベールを手荒に扱うとベールの一部または全体に損傷または腐食の危険性が生じます。
    トラクターのクランプ圧力をベールのサイズ、形状、重量に正しく合わせて調整して下さい。

  4. 4

    イメージ画像

    乾物(DM)含有率の高い円筒形ベールは3段に重ねることが可能です。対照的に、DM率と密度が低いベールは、上からの重みでベールが変形し、ベール内に空気が侵入しないよう、重ね積みにしないで下さい。

  5. 5

    イメージ画像

    可能な場合には常に、ベールンの2つの平たん面のいずれかに別のベールを載せる形で垂直に積むことをお勧めします。平らな面にベールを重ねることで、フィルムに対する損傷の危険性が減じられます。

目次

 ページトップ

ホーム | お問合せ | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright © 2012 NetWrap Market All Rights Reserved.