ベーリング

ベーリング

  1. 1

    イメージ画像

    サイレージ用ベールは乾物(DM)の割合を35%〜50%にして密封しなければなりません。DM含量が少ないと有害バクテリアや有毒排水が増えます。DM含量が55%を超えるとカビが発生するリスクが高まり、当分が減少します。平レージ(サイレージと干し草の中間の水分含量)を作る場合のDM含量は約60%となり、発行が抑制されます。
    低水分のヘイレージは高品質になることもありますが、発行が進まずpH値が高くなって腐敗する危険性も高くなります。
    すべてを適正に行わない場合、極めて厳しい結果もあり得ます。たとえば高密度のベールを作る(大きな長方形ベールの方が上手く行きます)、雨にぬれた飼料を使わない、ラッピングは手早く行う、孔は補修するなど、優れた管理要素が必要となります。
    水分は牧草由来であるべきで、霧や雨であってはなりません

  2. 2

    イメージ画像

    ヘイレージを作る際、DMは60%以上になるため、水分の多いサイレージ作りに比べると発行プロセスが緩慢になります。すなわち、酸素が十分に消費されないので、フィルム層の数に関わらず、カビが生える可能性があります。場合によっては、ベーリング作業の際に適切な液体添加物を使うことによって発行性糖質の濃度を高め、乳酸発酵を促すとヘイレージ中のDMの保存状態が良くなります。ヘイレージの作り手は、ヘイレージ生産に高度に熟練し、馬に必要な栄養について十分理解していることが理想的です。取り残しを回収した牧草を馬用のヘイレージとして使うべきではありません。

  3. 3

    イメージ画像

    ベールは左右対称、均一の大きさで、十分に圧縮し、できるだけ空気を含まず安定するようにします。酸素含有率の低い高密度なベールは酸素の侵入を防ぎます。一般的に、大きな長方形のベールの方が大きな円筒形のベールよりも高密度になります。使用する積み込み用トラクターが扱える重量を超えない、またはラッピングマシンが扱える大きさを超えないサイズのベールにします。ベールが重くなる程、フィルムを破損せずに扱うことが難しくなることを忘れないで下さい。

  4. 4

    イメージ画像

    形が不揃いなベールンの場合、フィルムがプレストレッチによって過剰に伸びてしまうか破れてしまい、正確に重ね合わせることができなくなるため、ベール内部に空気が入ってしまいます。

  5. 5

    イメージ画像

    サイザルトワインを使わないで下さい。ストレッチフィルムを分解させる添加剤がしみ込ませてあります。ベーリングにはポリエチレンのネットまたはポロプロピレンのひもを使って下さい。

目次

 ページトップ

ホーム | お問合せ | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright © 2012 NetWrap Market All Rights Reserved.